日本人なら美しいと感じる紅葉だけれど

 

紅葉が美しい季節に なりました。

 

「美しい日本に生まれて良かった」 と 

この時期は特に 感じてしまいます。

 

日本には 春・夏・秋・冬 と四季の移り変わりがあるため

一年の暮らしにも メリハリがつきます。

そのことが 勤勉で真面目な日本人の性格形成に

つながっているのかもしれません。

 

 

でも この美しい紅葉、 どの国に行っても見れるわけではありません。

一年中暑い国はもちろんのこと、 たとえ四季がある国でも 植生によっては (針葉樹の森が多い等)

日本の広葉樹林のようなカラフルで鮮やかな紅葉は あまり見ることができないかもしれません。

 

「東南アジアから来た友人に 美しい紅葉を見せたいけれど、日本人と同じように 紅葉に感動するのかな?」

そんな疑問を ある日本人から聞きました。

 

「美しい紅葉を見れば 誰でも感動する」 と疑いもなく思っていましたが、日本人には日本独特の感性があるように

他の国の人たちには 育った国や環境によって やはり異なる感性があるはずです。

 

私たち日本人が 紅葉に感動する理由の一つに、 紅葉は 桜の花と同じように

「短期間で失われていく一瞬の輝き」であることを 知っているからかもしれません。

 

さて、外国からやって来た人々にとって 日本で見る紅葉は どのように感じるものなのでしょうか。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.10.29 ]     Kiitos Log House