薪ストーブとペレットストーブ

 

まだ梅雨明けしていないのに 気温が30度を超える日が続いています。

今から こんな暑い日が多いのに 梅雨明けしたらどうなるのでしょう・・・

子供たちにとっては 「楽しい夏」ですが、 大人にはとっては 寝苦しい夜のことを考えると 少し気分憂鬱になりますね。

 

そんな暑い日なのに 今日はストーブの話題です。

というのも、寒い冬になってから あわてて薪ストーブや煙突を検討しても その冬には 間に合わないことが多く、

まだ季節が早いうちから ストーブの機種や設置場所、煙突の出し方など いろいろ検討していただきたいからです。

 

ログハウスが建っているエリアのことも考えて、 近所からクレームがこないか、薪調達は簡単かどうかによっても

薪ストーブか設置可能か、 あるいは ペレットストーブにするか、 それぞれの長所や短所を調べる時間も必要です。

 

「薪ストーブやペレットストーブが欲しいけれど、使わない時期は 邪魔になりませんか?」

そういう質問を 時々受けることがあります。

夏に 使用しないストーブが邪魔か あるいは 気にならないかは 人ぞれぞれ 個人差があるので 何ともいえませんが、

実際に 薪ストーブやペレットストーブを設置されている方の多くが 使用しない時期にも ストーブが設置されていることを

ほとんど 気にされてはいないようです。

 

灯油ストーブとは違い、 部屋に置いてあるだけで インテリアの一つになっていることが多いし、

夏の間は 上部を 飾り台などして 利用される方もいらっしゃいます。 

  

 

埼玉県内にある

セルフビルダーさんの ログハウスでは

ペレットストーブが 設置されています。

 

使用しない夏の間、ストーブの上は

フィンランドから来たトナカイ さんの

指定席に なっているようですね。

 

 

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.07.13 ]      Kiitos Log House