海沿いの飛砂防備保安林

 

昨日の日曜日、 午後から少し時間があったので

キートスの事務所から 車で10分程のところにある

海岸沿いの飛砂防備保安林へ 散歩に出かけました。

 

ここは マツを中心に ニセアカシアなどが茂り、

野鳥も観察できる 自然に恵まれたエリアです。

ログハウスでの週末田舎暮らしをする以前は

バードウォッチングをしに よくここを訪れていましたが

最近は 少しご無沙汰していました。

 

しばらく訪れていなかった間に、

植林されたばかりで 人の腰程度の高さだった小さな松が 見上げるような大きな木に育っていたり、

以前あった小さな散歩道がなっていたり、、、 年月の経過を感じさせられました。

 

保安林ではここ数年、松くい虫の被害により 枯れてしまった松も目立ち、

枯木の伐採や下草刈りなど 整備が進んでいるようです。

 

しっかりと公園整備されている砂防林には 人は訪れやすいようですが、

まだまだ整備しきれていない この新潟市西区の保安林では いつ訪れても あまり人に会いません。

昨日も 休日の午後だというのに 2時間ほど歩いていた間に出会ったのは

犬の散歩や ジョギング、ウォーキングされている ほんの数人だけでした。

 

個人的には どちらかというと 訪れる人が少ない 鬱蒼と茂ったジャングルのような林が 自然らしくて好きですが、

手を入れないと 歩くための小路も すぐ草に覆われて消えてしまうし、 やはり整備は必要のようですね。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.05.18  ]      Kiitos Log House