定年後はログハウスで茶房をしながらゆったり暮す

 

昔、 仕事の「定年」は 55才。 定年後は 息子や娘の世話になりながら のんびり老後を過ごせたのかもしれませんが、

今は 60才とか 65才まで働き、 「できれば 定年後も何かしたい」 と考える人が多いようです。

 

キートスのログハウスオーナーさんたちは どちらかと言えば 生き方に積極的で 活動的な方が多く、

定年後にログハウスをセルフビルドされたり、 あるいは 完成したログハウスで お店を始められたり・・・

生活費を稼ぐというより、 「社会と係わっていたい」 とか 「余暇を楽しみたい」 という理由が多いようです。

 

 

大阪府内でも 自然が豊かなエリアで 

定年後に オーナーさんは 茶房 を始められました。

 

建物が少ない道路沿いに建つ ログハウスは 目立つので

昔から顔なじみのご近所の人々だけでなく、 

バイクツーリング途中の人達なども よく訪れているようです。

 

自然に囲まれたのどかな場所で

あくせくせず ゆったりとした雰囲気を楽しみながら

定年後の人生を楽しむ ログオーナーさんの暮らし、

羨ましいですね。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.03.24  ]      Kiitos Log House