雪国の里山では長靴登山者がたくさん

 

先週末の新潟市内は 思っていたより天候が良かったので、近くの里山へ行ってきました。

 

標高は 481.7mなので 高い山ではありませんが、頂上からは 新潟平野が一望でき、 向こうには 飯豊連峰などの白い山々、

そして 左手には 日本海が見える 展望の良い山です。

 

この冬 降雪が少なかった新潟市内ですが、

先週降った雪が 山頂はもちろん 登山道にも多く残っていました。

 

手軽な里山なので 冬も地元の人が たくさん登っていますが、

そのほとんどが 長靴での登山です。

 

雪国では 長靴は必需品で、みなさん履き慣れているというか、

自分の足にあった長靴をお持ちというのか、

冬から春の雪解けの頃まで 多くの人が 里山登山も 長靴。

 

 

 

これからの時期、 登山道は 解けた雪で グチャグチャ状態になります。

スパッツをつけていても やはり登山靴だと グチャグチャ ドロドロで汚れるのが 気になってしまいますが、

長靴だとかまわず ガンガン歩けます。

 

長靴が冬の暮らしに必需品である雪国では  いろんなデザインの長靴が 靴屋さんで売っています。

最近は ネットでも たくさん売っているので 膝下まである長靴を 購入しやすくなりましたが、

山歩きをするためには やはり自分にあった長靴を 実際に履いて確かめながら 購入するのが一番。

雪国でも 年中長靴がたくさん売れるわけではないので、 店頭にたくさん並ぶのは 冬の間だけです。

 

これから 雪のある地域で ログハウス暮らしをお考えの方は ぜひ来年の冬に 雪国の靴屋さんを訪れて、

自分の足に合う長靴を 探してみてください。 長靴は一つあると 田舎暮らしで とっても重宝しますから。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.03.16  ]      Kiitos Log House