雪割草がすでに見頃を迎えています。

 

3月初旬は 春の気配はしつつも 雪が降ったり 気温が低かったりと まだまだ冬の気分を脱し切れない時期です。

しかし、 この冬に 降雪がとても少なかった 新潟市周辺では、 例年より早く ユキワリソウ開花の便りが 届いています。

 

 

 

『 雪割草 』  ( = ミスミソウ )

 

日本海側の里山で 春一番に開花する花なので

この花の便りが届くと 「本当に春がやってきた」 と感じます。

 

花びらの枚数や 花色など 種類が豊富で

本当に小さい花ですが、 見ていて飽きません。

 

 

 

里山に咲くので この花を楽しみにしている登山者もいて、 毎年 多くの登山者が この花目当てに 新潟にいらっしゃいます。

残念ながら 盗掘によって 美しい色の花が減ったと言われていますが、

最近は 自然保護や愛好家のマナー向上のためか 株が増えてきたところもあるようです。

 

みなさんも 雪割草を愛でにいらっしゃる時は、 足元もよくて見て 小さな花や株を踏まないように 気をつけながら

写真を撮ったりして 楽しんでくださいね。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.03.09  ]      Kiitos Log House