T&M、2軒めのログハウス






1軒めのログハウスを建てた時、すぐに ここに移り住む予定はなかったので、2世代3人が プライバシーを保ちながら生活できるような設計にはしていなかった。

そこで、母のために別棟小住宅としてのログハウスをセルフビルドすることに。

もちろん母屋のログハウスとは廊下でつなぎ、外へ出なくても自由に行き来できるように考えた。

施工中の写真



2001年7月

離れとしてキートスにオーダーしていたログハウスキット「LP−2」(現LP−56)が到着。

すぐにログ組みを開始。
今回は一人でコツコツとセルフビルドすることにした。





高基礎は作業効率が悪いが、前回のセルフビルドで慣れたので進行状況はいたって良好だ。夫婦二人だけでもログは積める。





重い棟木を揚げるとホッとする。
次は屋根タル木の施工だ。全部のタル木を上で合わせてから指定場所に配置した。

ここまではとても順調に進んだ。
1軒めの屋根傾斜(40度 )もかなり急だったが、今回のログハウスはもっともっと急で(45度)、ちょっとこわかった〜!





タルキが掛かった時点で、所用のため現場を空けることになった。
留守中 作業が止まるのが気になったので、キートスに屋根下地〜仕上げの作業を依頼した。

離れ用ログハウスの内部






母屋のログハウスに浴室があるので、こちらはシャワーユニットにした。
ユニットの組み立てが終わり、ユーティリティの造作に入った。

完成したユーティリティ。 左から 洗面、トイレ、シャワールーム。




ユーティリティのドアは、ステンドグラス入りの引き戸。
ドア手前床には基礎部分へ下りる入口を設けた。

1階の床は、高齢者が生活しやすいように クッションフロア(木調)を貼った。コンセントも高齢者に配慮して少し高い位置に設置。







ロフトへ登る簡易階段やロフト手すりは、シンボルカラーの赤に塗装。

ロフトは区切らずワンルーム。ロフト床はニス仕上げにした。

「 ログは叩き込むもの 」と思ってロフト床根太を叩き込み過ぎると、ロフト床仕上げ面が少しデコボコしてしまうので、注意が必要だ。





トップに戻る [1軒めのログハウス]へ

キートス・ログハウス 〒950-2022 新潟市西区小針2-17-1 TEL 025-233-5005