キートス・ログハウスキット HS-P53

失敗や積雪・・・いろいろあっても、  今は楽しい思い出

「自分の部屋を持ちたい・・・」とは世の中のお父さん達の切望。
やっと我が家でも「私の部屋」を庭に建てる決心をしました。

[新潟県・新津市]



[ 1.ログハウスキットの契約 ]


以前にミニログを建てた経験があったので、ログハウスにすることは決めていました。

どんなタイプのログハウスにするかは 随分迷いましたが、庭に建てられる大きさを考えれば 選択の余地は あまりなかったような気がします。

最後まで キートスの LP−44  か HS−P53 の どちらにしようか 迷いましたが、テラスに最初から屋根がある「HS−P53」にすることにしました。

2000年9月にログ部材キットを契約し、11月半ばに フィンランドから部材が 到着しました。
部材到着までには基礎を完成させないといけないので、10月に基礎造りを開始。
そこからが 「我が家のセルフビルド日記」 の始まりでした。

 

 

[ 2.基礎造り ]


 

穴を掘って砂利を敷き、そして点圧。
簡易足場の自在足を置いて土台材を組みました。
高さの調整は自在足の調整によって行いました。


 →  

この部分はログ組み完了後に自在足ごと波板で囲い、セメントを流し込んで 固めました。




[ 3.ログ積み 1 ]



ログ組みは、多くの友人に手伝ってもらいました。




みんなでワイワイと楽しく積み上げたら・・・後になって積み間違いが発覚!
一度積んだログを外すのは大変な作業です。




さすがに友人達には頼み辛く、夫婦二人で組み直しをしました。





[ 反省点 ]


ログ積みは目に見えて進むのが楽しく、指示しなくても作業が進みます。
でも、しっかりログ組み図を見て全体を管理する人がいないと、後で大変なことになります。
図面を見ながら統括する人を一人設定しておくべきでした。




[ 4.電気配線 ]


1階の桁まで 積んだところで、ログ壁の間に電線を通しました。


[ 5.ログ積み 2 ]


ロフト床根太になるログも配置し終えました。


 

「例年より雪が少ない」と言われましたが、それでも積雪があると作業前には雪退けが必要でした。


[ 6.屋根作業 ]




雪が降るとさまざま作業の効率が悪くなり、思うように進まなくなりました。


  

屋根タル木の上にも 雪が・・・、積雪があると高所作業はできません。
それでも、なんとかやっと野地板が張られ、母屋と接続するロフトの「連絡口」も形になってきました。



屋根仕上げのカラー鉄板はプロに依頼です。

でも、外壁塗装はもちろん自分たちで行ないました。


[ 7.内装作業 ]


[ 7-1. 床張り ]




ロフト用床板は両面とも仕上がりが美しい板なので、どちらが上面かを間違えないように注意しながら張りました。


[ 7-2. 天井張り ]




断熱材を入れながら天井板を張りました。
端は廻し縁を使って隠すので、少し隙間があいても気にしません。

天窓も付きましたが、天窓周りを仕上げるのにはちょっと苦労しました。



[ 7-3. 内部階段 ]



キット階段だったので、組み立ては簡単でした。


[ 8.外付トイレ ]


ログハウスの中からと庭からの両方出入りできるように、「外付トイレ」を 設置しました。




トイレ窓は換気を考え、レバーによってガラス羽根が開閉する「ジャロジー窓」にしました。



[ 9.ウッドクラフト ]


ログハウスが完成すると、誰でも同じなのでしょうが、他にもいろいろと作りたくなるものです。


[ 9-1. 洗面台 ]


洗面ボールの形状と支えとの関係で、うまくはめ込むのには苦労しました。






[ 9-2. カウンターテーブル ]


余ったログ材や板材を利用して作りました。余り材は結構便利ですよ。






[ 10.薪ストーブ ]



ログハウスには薪ストーブを入れたいと思っていました。
そしていろいろなお店に話を聞きに行きましたが、薪ストーブの価格はもちろんのこと、設置費用もとても高くて諦めていました。

でも キートスに相談すると「小さい薪ストーブもあるよ」ということで、「ヨツール」 を購入。薪ストーブも、煙突も、自分で設置しました。




そしてホームセンターへ行ってレンガを購入し、薪ストーブ用防火壁も造りました。
特に難しい作業ではありませんが、防火対策なので手を抜かないように気を付けて作業しました。




薪ストーブの前でのんびり優雅な気分に浸りながら 過すのが、冬の楽しみになりました。



最初、「ログハウスをセルフビルドする」と言った時、家族は「ミニログと違うから無理!」と反対でした。

でも作業を開始した後は、家族、特に子供達の「父親を見る目」が変わりました。
「何でもできるね〜」と感心してくれ、自分達の父親を「自慢できる存在」 と思ってくれたようです。

何事も最初の一歩を踏み出さないと始まりません。

「自分にできるのかな?」と悩む前に一歩踏み出せば、その後はどうにでもなるものです。




キートス・ログハウス 〒950-2022 新潟市西区小針2-17-1 TEL 025-233-5005