フィンランドのクリスマスフラワー(Christmas flower)

 

フィンランドのクリスマス習慣のひとつに、「花を贈る」 というのがあり、

この「クリスマスフワラー(Christmas flowers)」 は 1800年代の後半ごろからポピュラーになったそうです。 

 

 

 

クリスマスフラーワーとして人気なのは、

日本でもクリスマスシーズンに出回るお馴染の

『 ポインセチア (poinsettia)』 

 

「香りもしないし、毒さえあるのに・・・・」

とフィンランドの新聞が書いていましたが、

ヨーロッパでは クリスマスに「赤」を飾る習慣があるので

ポインセチアの赤が ピッタリだったのでしょう。

 

 

 

 

 

もうひとつ人気なのは 『 ヒヤシンス (hyacinth)』。

 

日本では 春に花壇で咲く花ですが、花のゴージャスさが好まれるようです。

また、ヒヤシンスは 日照時間が短くても 花が咲いているので 、フィンランドのクリスマス時期には うれしい花です。

 

 

雪が降り、日照時間も短い フィンランドの冬は

白とグレーの世界になるので、

そこに映える 「赤」 のものが飾られているだけで

部屋の雰囲気も 人間の気分も  明るくなります。

 

だからでしょうか、

最近は 『ウメモドキ』 のような赤い実の付いた枝も

この時期 売られているそうです。

 

日本人がお正月に ナンテンなどの赤い実を飾るのと 似ていますね。 

 

 

 


[ フィンランド見聞記 15.12.16 ] Kiitos Log House