フィンランドでサンタクロースに会う

 

ラミネートログ工場からは 少し東南にドライブして

ロバニエミ経由で オウルに戻ることになりました。

 

北極線(北緯66度33分線)が通るところにある

「サンタクロース村」 へ寄るためです。

外国から来た人を案内するのには 、多分欠かせない 有名観光地なのでしょう。

もちろん ここには サンタクロースが住んでいます。

私達が訪れたのは サマーホリデーシーズンが終わった9月、しかも 平日の夕方。

「こんなに人がいないサンタクロース村は 初めてだ」 とM氏が言うように 観光客が少なく、とても静かでした。

 

「さあ、サンタクロースに会いに行こう!」 M氏の誘導に従って 建物内部に入ります。

テーマパークのようになった建物内部の螺旋通路を進んでいった先で サンタクロースが待っていました。

「どこから来たの? ああ、日本ね。 日本には行ったことがあるよ。 いいところだね。」

というような 穏やかで和やかな会話を サンタクロースと交わし、記念撮影をしてから サンタと別れます。

建物出口では 「サンタと一緒に撮った写真とビデオはいかがですか?」 と営業を受けます。

そんなに一生懸命営業してこないだけに、 なんとなく 気の弱い日本人にとっては 断りづらい雰囲気です。

心を鬼にして 断ることもできましたが、フィンランドのM氏とPさんも一緒の 「唯一の記念写真」 だったので

みんなが各々ダウンロードできるタイプのものを 購入することにしました。

(それに サンタクロースの笑顔も とても素敵で魅力的でしたから・・・)

支払った金額は 40ユーロ、 少し高すぎる気がしないでもありませんが、この施設には 入場料はありません。

日本だったらきっと 施設に入るためには 大人一人 千数百円の入場料が必要でしょう。

ということは、入場料支払えない子供たちは サンタに会えないことになります。

でもここでは お金がある人もない人も 子供でも大人でも 誰でもサンタクロースに会うことができます。

そして この大きな施設維持のために 支払える大人が写真やお土産購入で協力する という考え方なのですね。

 

「10.ラップランドのスープ料理」へ進む「 フィンランドの旅報告TOP 」へ戻る

 

 


[ フィンランド見聞記 15.10.20 ] Kiitos Log House