午後4時は帰宅ラッシュの時間

オウル駅に迎えに来てくれた フィンランドログメーカーM氏の車に乗って ホテルに向かいます。

 

道路は車で 少し混雑しています。 「午後4時過ぎだから 帰宅ラッシュの時間なんだ」 とM氏。

午後4時が帰宅ラッシュならば いったい朝は何時から仕事を始めるのだろう・・・そんな疑問が湧きます。

「う~ん、人にもよるけれどね、朝7時とか 8時とかに仕事を始める人が多いかな。」

そういえば、フィンランドではまだ朝7時頃と思われる時間に フィンランドの設計担当V氏から メールが届くことがあり、

「何時から仕事を始めているのかな」 と疑問に思っていました。やっぱりフィンランドでの始業時間は早いようです。

 

少し話が逸れますが、明るい時間なのに 車がライトをつけて走っています。しかも 走っている全車が・・・

 

 

「昼間のライト点灯は 交通ルール?」

疑問に思ったTが M氏にたずねます。

 

 

「そうだよ。エンジン始動で 自動的に ライトが点灯するので、

昼夜問わず いつもライトは点いてるよ」 とM氏。

夏は白夜の国、言い換えれば 冬は暗い時間が長いフィンランド、交通安全には より気をつけているようです。

こういう制度は日本も早く導入するべきと思いました。

(その後訪れたウィーンでも 多くの車が昼間もライトオンでしたが、なかには点灯していない車もあり、

どうもヨーロッパではエンジン始動で前照灯の点灯は義務化されているようで、

点灯していない車は古いタイプで義務化される前の車種ということらしいですね)

 

4時に仕事を終えて帰宅するフィンランドの人々、夜は 家族との時間を大切にしているようで

夕方の公園では ベビーカーを押して散歩するカップルや家族連れを よく見かけました。

 

また、その夜M氏が連れて行ってくれた 夕日が美しい海辺のレストランでは

私たち以外に訪れていたのは たった一組だけ。

 

「夏のホリデーシーズンは終わったし、お昼は外食しても  夜はみんな 家で食事するからね・・・」

「6.少しだけ、「オウル」について」へ進む「 フィンランドの旅報告TOP 」へ戻る

 


[ フィンランド見聞記 15.10.06 ] Kiitos Log House