バール ・ くぎ抜き

バール ・ くぎ抜き

 

一般的には、 大型のものを 「バール」

小型で 主にくぎ抜き用途に使う小型バールを 「釘抜き」 と呼ぶようです。

 

ログハウス建築では 大バールも小型の釘抜きも 両方ともかなり重宝する道具で、

大きなバールは 長い柄の先端が平たくなっている 「平バール」 を使うことが多い。

 

ログを積み間違えたときなどには 下の写真のように ノッチ部に先端を差し込み、

テコの原理を利用することで しっかりとかみ合ったログ同士を外す時に活躍する道具です。

ログ建築でも 釘は使うので

打ち間違ったときや曲がってしまった釘を抜くためには 小さめの釘抜きも必要になる。

この場合は 釘抜き付きのカナヅチでも対処でき、 絶対に必要な道具というわけではないので、 まぁ、必要に応じて ホームセンターに買いに行く道具と考えておけばよいだろう。

 

[ 道具紹介のトップページに戻る ]

ログハウスのキートス