北海道でログキット納品が無事完了!-ログハウスのセルフビルドならキートス



キートスは「お金はないけれどログハウスの夢を実現したい方」や「できるだけ安い価格でログハウスを建てたい方」を応援しています。

北海道でログキット納品が無事完了!

 

 

昨日(9/20)、北海道上富良野で ログハウス部材キットの納品があり、

セルフビルダーさんが写真を送ってくれました。

 

 

 

 

このセルフビルダーさんのログキット(コンテナ)は 北海道地震の直後に苫小牧港に到着しましたが 

船は港に到着したものの、コンテナヤードが液状化により閉鎖していて 陸揚げ作業ができません。

 

ヤードがいつ再開するのか、コンテナ船はいつまで港で待機し続けることができるのか etc

今後についての見通しがきかない状況が数日続きました。

 

通関業者からは

「コンテナは苫小牧港に陸揚げされず、次の港(八戸)へ運ばれるかもしれない」

「八戸で揚がったら、追加の国内送料が結構かかる」

「苫小牧港に揚がることになったが、コンテナ返却ができないから 延長料がかかる」

「大量のコンテナがヤードに滞るので、納品の為の輸送(トレーラー)確保が難しい」などなど

毎日毎日 たくさんの不安情報が届けられていました。

 

でも 結果的にはすべてうまく運び、通関業者が指定した納品日について セルフビルダーさんが

業者さんとの折衝を上手にしてくださったおかげで、問題なく、余分な費用もかからず

無事に納品となりました。

 

そして セルフビルダーさんからも 次のような報告メールが届いています。 

 

 

 

  

「荷下ろし完了!(9月20日)」

 

地震の影響でコンテナターミナルの液状化現象により遅れていたログキットですが

無事に届き 荷下ろしが完了致しましたぁー。

 

今回の地震において 北海道広域が被災する結果となり、

道民の笑顔がやや少なくなったように感じます。

 

今現在は日常生活を取り戻しつつありますが、

完成を待ちわびていた父も 9/12日に病により他界し、目標がより明確に強くなりました、

店舗創業にあたり笑顔を量産する事が私にできる唯一の 方法であると 強く感じております。

 

本日、大雪山には雪が降りました。

これから美しい紅葉の季節が訪れ皆様に見て頂きたい景色が御座います。

機会があれば是非、北海道へ訪れて頂けると嬉しいです。

 

たくさんの方々の応援に感謝いたします。  北海道は、、、元気ですよー」

 

 

 

 


[ ログハウス徒然草 18.09.21 ]     Kiitos Log House


 <  前の記事 « トップ案内-greeting |  トップページ  |  次の記事 連休を利用して、テラスの屋根掛け作業 »  >