震災復興は時間を要する-ログハウスのセルフビルドならキートス



キートスは「お金はないけれどログハウスの夢を実現したい方」や「できるだけ安い価格でログハウスを建てたい方」を応援しています。

震災復興は時間を要する

 

 

お盆休みに 東日本大震災の被災地を 久々に訪れました。

 

震災直後にボランティアで訪れた時は 津波で流された家屋の残骸や船が 田畑に散乱していましたが

その2年後に訪れた時は 田畑にあった残骸は撤去されて 浜辺などに積み上げられ

土地の整理や造成が多くの場所で行われていました。

 

それから数年が経ちました。

 

 

 

訪れた宮城県名取市の朝市では

家族連れや観光客で賑わい、

新しく造られた防波堤脇にある

BBQコーナーでは

朝市で購入した魚介類を焼いて

味わっていました。 

 

 

 

 

そこから海沿いの道を北上していくと 多くの新築住宅や復興住宅が目に入ってきました。

建築中の復興住宅もあって、まだまだ復興途上中であることも認識しました。

 

 

 

 

今回初めて訪れた女川町、新しい駅舎とその前に広がる観光施設があり、

周辺には 高台に造成された住宅地があって 完成したばかりのような新築住宅や建築中の家、、、

 

大震災から7年が経ってやっと、落ち着いた暮らしができるようになったばかり・・・という感じでしょうか。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 18.08.20 ]     Kiitos Log House


 <  前の記事 « 建築中のログハウスに試験通電しました。 |  トップページ  |  次の記事 バルコニー根太ログに水切り鉄板を付けました。 »  >