2011-07

ログハウス徒然草

木曾でログハウスキットの荷降ろしサポート

長野県の木曾に ログハウスキットの 荷降ろしサポートに 出かけました。 急に猛暑の夏が来て、 節電対策で 疲弊しきった体には 高原といえども 暑さは 大変こたえました。 新潟からは木曽までいろいろな行き方がありますが 時代劇でおなじみの「水戸のご老公」が 旅をした 「中仙道」を ひた走りして 約4時間半ほどでたどり着きました。 意外と新潟から近く、 そのうえ風光明...
ログハウス徒然草

赤い窓枠のログハウス

「 その色は ないでしょう?!」 あるセルフビルダーさんのログハウスで 外壁塗装を終えたあと 窓の化粧板に 赤色を塗っていたら 前の道を行く人に そう言われたそうです。 一般の方でも ログハウスに興味を持っている人は多く セルフビルド現場を のぞきに来たり、 作業の進み具合を 密かに楽しみにされたりするご近所さんも 結構いらっしゃるようです。 でも ロ...
ログハウスで自然暮らし

今日は七夕、ログハウスから空を見上げれば、、、

今年は ” 節電 ” の影響で 都会の夜も 少し暗めになりましたが、 都市部で暮らしていると 店や会社のネオンだけでなく 防犯のための外灯も多く、 「真っ暗闇」を経験することは ほとんどありませんね。 でも ログハウスを建てて田舎暮らしを始めた方で 「夜は真っ暗」 と感じた方も 少なくないでしょう。 月が出ている夜は明るく、 また 月のない夜は 真っ暗・・・など 当然とい...
ログハウスで自然暮らし

人間出没注意!

「 クマの糞を見つけると 嬉しいような 怖いような 」 と あるセルフビルダーさんがおっしゃっていました。 クマが何を食べているのか 興味津津になって つい糞の観察を してしまうそうです。 「ウン、ウン、その気持ち、とってもよくわかるよ。」 と頷いてる ログハウスオーナーさんも いらっしゃるでしょう。 森の中で クマに出会いたくないけれど、 遠くからならその姿を ぜひ見てみたい動物...
フィンランド見聞記

七夕・・・フィンランドでは白夜で星が見えませんが、

ログハウス工場のあるフィンランドでは 7月は白夜の季節。 星を見ることはできませんが 天の川を隔てて、 日本の彦星と織姫の物語に似た 星の物語があります。 昔々 ズラミスとサラミという とても仲が良く、 いつも2人一緒の夫婦がいましたが どんなに仲が良くても さすがに死ぬときも一緒というわけにはいかず、 それぞれ別々に天に昇り 星になりました。 ...
ログハウスで自然暮らし

有意義で楽しい田舎暮らし

” 定年後は のんびり 田舎暮らし ”、 団塊の世代が 定年退職を迎えた時期、 こんなキャッチを よく目にした。 どれだけの人が このキャッチコピーで 田舎暮らしを始めたのかは わからないが、 確かに 今でも「田舎暮らし = のんびり暮らし」 というイメージがある。 私達も 「のんびり田舎暮らし」 という言葉をよく使うが、実際に田舎暮らしは 「のんびり」 なの...
ログハウス徒然草

栃木県内で住宅用ログハウスのセルフビルド-棟上げ

今日の話題は、 栃木県内で 住宅用ログハウスをセルフビルド中の 若いご夫婦のブログ  からです。 先週末 会社を半日休んで、 とうとう 棟上を完了させたようです。 このご夫婦は かなり大きい 自宅としてのログハウスを お二人と お義父さんで セルフビルド中です。 それに 先月6月22日には 第二子が生まれて 現在 奥さまは 産後の療養中!! その後も 旦...
ログハウスで自然暮らし

工夫で楽しい夏に

「 とうとう 就寝時のエアコンを 解禁にしました 」 と 関西在住の友人から メールが届きました。 今年は ”節電” で 自宅の冷房はガマンしていたけれど 夜の暑さに眠れず、 このままでは 仕事にも健康にも影響が出そうなので 寝るときに2時間だけ タイマーセットするようになったとか。 今のところ エアコンのお世話にならずに 扇風機だけで過ごせているキートスの事...
ログハウス徒然草

福島県へ荷卸しサポートに行ってきました

福島県に ログハウスキット納品&荷卸しのサポートに 行ってきました。 お客さまは 都合で立ち会えませんでしたが、 建築確認申請書を作成した 若い設計士さんが お客様に頼まれて 荷卸しの陣頭指揮に立つべく スタンバイしていました。 このあたりには 震災、福島原発事故の影響で 避難生活をされている方も 多いようで 朝早くから ギャラリーに見守られながら...