マシンカットログも楽しいよ〜ん 



7. 屋根仕上げ



2013年6月29−7月2日  前準備

遮熱型透湿ルーフィングを貼ります。







天窓の廻りは天窓マニュアルを
しっかり読みながら おさめました。






屋根仕上材のオークリッジプロの一部を 足場に上げました。色は エステートグレー と オニキスブラック。






7月3−9日

シングル貼りが 始まりました。
グレーとブラックのミックス貼りです。

足場を利用して
シングル置き場も 作りました。

一日作業すると ペースが見えてきました。
多分3日で 片面は行くでしょう。



棟の位置から眺めると ミックス貼りは オシャレです。
これを プロに依頼して 「格好(センス)良く貼って」と言うと、凄くプレッシヤーがあるらしい。
感覚の世界ですから。
自分には甘くなるのだけど ‥‥ 他人様には 厳しいのだよね。




天窓廻りも きれいにおさまりました。



途中で 梅雨明けしましたが、
屋根の上が こんなに暑く、熱いものだとは・・・

屋根足場は 熱くて つかめません。
天窓周りは 熱くて 触れません。
シングルも フニャフニャ〜

よって午後は3時過ぎまで お昼寝タイム〜





7月10日

シングルを貼り始めてから 8日で棟換気まで 進みました。




開口部の長さは 4.5mです。 長さ 1.2mの棟換気部材を 4本連結しました。



ここだけ足の長いシングル釘があるのですが、
これは手持ちの波板用の傘釘を 代用してます。

棟換気の構造は 至ってシンプル。
開口部より 両端15センチほど出ているので、
この隙間は 天窓で使った水密材の残りを
押し込みます。
それでも不安ならコーキングでしょう。




7月11日 シングル貼り完了


ヒップアンドリッジ(棟部材)の
取り付け完了です。

一番最後の部分等 釘が使えない所は
コーキングして、現場あわせの重しで
固定しています。


棟換気の部分は 写真のように
一段上がった感じになります。




ハンドカットログハウスを 建てた際に
使用した Brown Wood色のシングルを
何処で使いたいと思いながら
棟付近まで 来てしまいました。

ほとんど目立たない所であっても
使用できて 良かったです。

これで マシンカットログの屋根は
ブラック、グレー、ブラウンの3色です。

[ マシンカットも楽しいよ〜ん] のトップに戻る     [ 8. 窓の取り付け ] に進む

キートス・ログハウス 〒950-2022 新潟市西区小針2-17-1 TEL 025-233-5005