マシンカットログも楽しいよ〜ん 



2.古家の解体と基礎工事



建築確認申請は キートスに 書類作成を依頼しました。
送られてきた書類一式を持って、 2012年12月10日、 市役所の建築課へ提出に行きました。

普通は 建築会社の人が 施主から委任状を取り 申請作業の代行をしています。
建築課で専門的なことを質問されても 素人にわかるわけがありません。
受付ける方もよくわかっていて、 設計事務所の方に 直接連絡を入れていたようです。

その後、設計事務所から 訂正に伴う書類が送られて来たら
差し替えの為に 市役所の建築課に出向いて行う というスタイルです。

電話での確認も 何回かありました。
お役所も年を越して仕事を抱えているのはいやなようで、 12月25日 やっと確認済証を 受け取ることが出来ました。

最初の関門通過です。





2013年 3月、仮住まいのマンションへ引越し後、古家の解体が始まりました。




3月25日、 建物がきれいに撤去されて 更地となりました。
こんなに広かったのかな?建て売りなら 2棟建てられそうですね。




3月29日、基礎工事が始まりました。

現場監督と位置確認をしたところ、、、問題が発覚!! 間口が図面より 20センチ短いのです。
右側には 車が縦に 2台駐車出来る予定でしたが・・・ 軽自動車専用でしょうかね。




この日は 根切り〜捨てコン打ち で終了です。


4月3日、鉄筋工事から配管スリーブ入れも終わっていて 予定通りに進んでいるようです。



基礎がらみの先行配管は 設備屋に依頼。 市の上下水道につなぐので 指定業者さんでないと ダメなんですね。
指定したとおりの位置に立ち上がっているか確認。アース棒も 打ち込んでありました。


4月4−5日、コンクリート打設。

まずは ベース。 朝10時、 すでに型枠が組まれて ポンプ車もスタンバイ。 そして 昼には 終了。






翌日は 立上部の打設とアンカーボルト。

コンクリートを打った後、アンカーボルト設置です。

ボルトの高さ レーザーでチェックしていました。
我がログハウスでは ボルトの高さは4種類。

親方が チェックしていましたが、
もちろん自分でも確認しました。

基礎パッキンは こちらで用意します。




屋根が出来るまで 雨が降れば
ブルーシートでいくら養生していても
布基礎内には 水がたまります。

そんなことで 水抜きパイプが
2ヶ所セットしてあります。






4月13日

立上コン打設から まる一週間で、型枠外し。
それまで内部に溜まっていた雨水も 型枠を外すと 水抜きパイプが しっかり機能していました。



基礎がほぼ完成したので、 図面を広げて それぞれ寸法確認しました。


[ マシンカットも楽しいよ〜ん] のトップに戻る     [ 3. ログキット到着&土台敷き ] に進む

キートス・ログハウス 〒950-2022 新潟市西区小針2-17-1 TEL 025-233-5005