マシンカットログも楽しいよ〜ん 



11. 完成に向けて引越し後の作業



まだ作業中でしたが、2013年8月30日 ログハウスに引っ越しました。
トイレには まだドアがありませんが、しばらくは カーテンで。

住みながら 引き続き ログハウス完成に向けての内装作業です。



9月3日

トイレ・手洗いコーナーの天井を貼り、手洗いの上部に LEDダウンライト取り付け。
トイレはタンクレスですから、狭い場所にピッタリです。






狭いと言えば 洗濯機コーナーの横幅、
なんと 530ミリ。

そこに入る洗濯機があるのですね。
4.2キロサイズで‥‥


ここも 天井を貼って、棚板も設置です。





後日(9/10)、トイレに ドアが付きました。
やっとこれで個室が出来ましたね。





9月4日、 窓&ドアの内部化粧板



デザインなどはいろいろ遊んでもいいところですが、スピード優先で シンプルに。



後日 ロールカーテンも取り付けましたが、なかなか良い感じです。



9月11日、 間仕切りドア2ヶ所の仕上げ。

ドアの化粧板を取り付け、 ログキットには付いていませんが ドアクローザーも 取り付けました。




トイレのドアには  ステンドガラスでしょう。



ドアに 120ミリ角の穴を開けます。( 四隅をドリルであけてから ジグソー)

9センチ角のステンドガラスを 115ミリ角の枠に 納めます。
4ミリ幅の溝を設け、ステンドガラスを 差しこんでます。



115ミリ枠を 2センチ幅の抑え板で
サンドイッチにしています。


グリーン系で アクセントになりますかね。
電気の消し忘れの確認も出来ま〜す。






9月12日、 本通電

埼玉電気安全サービスの検査を受け、本通電となりました。
コンセントのプレートはスクエアを使いました。



テーブル上に ペンダントライト2ヶを 50センチ間隔で取り付けました。 琺瑯のグリーンとレッド。
レトロ感 いっぱいです。





9月13日〜19日


浴室に 桧の羽目板を 貼りました。

ログ壁に 羽目板の縦貼りなので
下地でセトリング対策をしました。







浴室羽目板貼りの下地部分は
このようになっています。
「下部固定、上部フリー」 仕様です。

下部がハーフユニットバスに接しているので
こうなりました。



浴室ドアも なんとか取り付けました。
ドア枠は ロフト床板の余りで作り、はめ込みました。

扉が付いたので 換気扇がないと湿気がこもって
よくありません。 天井換気扇を 仮付けしました。



浴室の天井下地では 30年以上前の2×4材を使いました。
古家を解体したときから保管してあり、どこかで使いと思っていました。




浴室内の桧貼りが 完了しました。




9月28日〜10月15日



天井板を貼る前に 断熱材を入れます。 吹き抜け部分には 足場を設けました。

妻壁もログ積みなので、屋根もセトリングでスライドします。
と言うことは 天井貼りのスタート部分で 考慮しないと‥‥ 久しぶりマニュアルを読み直しました。

マニュアル通り スタートはセトリングを考慮して 5センチあけました。
長さ4200×幅120×厚さ15ミリの羽目板ですが、実が入りやすい作りをしているので
長いものでも 一人で貼りやすいです。



天窓の開口があり、羽目板のつなぎがなくなると ピッチが上がります。
傾斜天井に対応する LEDダウンライトも 取り付けました。

長い羽目板を 一人で貼る時の裏技公開。
たいしたことではありませんが‥‥ 

棟木にひもを回し、その中に羽目板を突っ込む。
落ちないように支えてもらう感じです。

シーリングファンがあるところでは
羽根にもそっと載せて 助けてもらいました。
考えると いろいろあるものです。


キットに入っていた 幅60ミリ程の巾木板、
これを 棟換気を活かす作戦に 使いました。

手持ちの35ミリ径のホルソーで
100ミリピッチで 穴を空け、
裏側から 1ミリメッシュのステン網を
タッカーで留めました。



上向きだし、少し材も重たくなっているので スリムビスで垂木に固定です。



シーリングファンの羽根と天井板の間も 100ミリ程あり、多少揺れても 大丈夫です。



天窓まわりの額縁を仕上げて 作業終了です。





10月3日〜4日、ロフト手すりを設置。

内装材(18×95)で作るので 面白みにかけますが、安全第一です。
手すり板のギザギザ飾りは好みではありませんが、遊んでいる暇がないので そのまま使いました。



階段右側は カネ勾配の屋根がスライドするので、 どのように固定するか 少し考えました。
手すりの天板を 天井に固定したトリムボードで サンドイッチです。



我が家の階段は
下部固定で上部スライドですから、
階段上部のポストと 手すりのポストは
手作りのスライド金具で
セトリング対応しました。





ログ壁と接するところは
オーソドックスなスリットで 対応です。

一番目と二番目は 楽屋裏ですから
板を加工して 目隠しです。







[ マシンカットも楽しいよ〜ん] のトップに戻る     [ 12. ログハウスの外回り ] に進む

キートス・ログハウス 〒950-2022 新潟市西区小針2-17-1 TEL 025-233-5005