マシンカットログも楽しいよ〜ん 



10. 引越しに向けての内装作業



2013年8月6日、1階の床板施工 開始。


キートスの仕様では 28ミリ厚の無垢床板をダイレクトに 根太に貼りますが、
保管中 雨に少し濡れたこともあり、大きく反ったり ねじれています。
そんなことで 構造用合板(12ミリ)を 貼った上に 無垢板です。


床下にはもちろん断熱材を入れます。

根太ボンドと 65〜75ミリの
スリムビスで 固定です。

なかなか手強い反りや曲がりですが
なんとかいけそうです。







8月7日〜9日

床貼り途中でしたが、 流し台廻りを決めたいと言うことで、流し台前に設ける水切りの台を作りました。



ステンの水切り 長さ 2105ミリは 板金屋に依頼。
奥行き95ミリ、高さ890ミリ、横幅 2100ミリの台です。 コンロ廻りはケイカル板を 貼りました。

床を貼らないと いつまでも仮置きなので、流し台の下だけ 床貼りを先行しました。
他を貼る時に つなぎをどう誤魔化すかが ポイントになりそうです。


床の断熱材は スタイロエース(3種b) 厚40ミリを
根太ピッチにカットして使いました。

95ミリの根太(高さ)、 断熱受けボードが12ミリ、
そこに スタイロエース40ミリの2枚重ねです。

近くの大きなホームセンターには スタイロエース(1種b)だけ
置いてありました。
結構いい値段でしたが、ここらあたりは奮発して いいもの使いました。


 


8月10日

水廻りに 床を貼ってから、 幅500ミリの洗面化粧台を 設置しました。



シングルレバー混合栓は24ミリの専用工具があれば 簡単に取り付け出来ます。
架橋ポリは 座付水栓ストレートで固定して、ニップルでおねじに変えて
ストレート止水栓+ベンリー管で シングルレバー混合栓につなぎます。 ベンリー管は、なかなかベンリです。


流し台も置いてみました。

板金屋さんが 水切りの打ち合わせに
来たので、 詳しく説明です。
水切りがないと 水栓が取り付け出来ません。


現場の温度計が
初めて40度を越えました。
ロフトは45度位?
恐ろしくて作業出来ませ〜ん。





8月11日、 トイレの取り付けです。



トイレ・手洗いコーナーは これでひと段落なので、養生シートを貼りました。




8月12日〜13日

1階個室の床貼り再開。



給湯機の取り付けも終わりました。 リモコンの設置は 後日 間仕切壁ができてからになります。




息子が来たので、手伝ってもらって 冷蔵庫を流し台の横に設置。 助かりました。



寝室の床貼りも なんとか完了。

リビングの床貼りを始める前に
リビングに置いてあった 玄関ドア等を引っ越し。






エアコンは 「寝室一台だけでいいかな」 と言うことで、 配線も そのようにしてましたが、
この夏の暑さで 「リビングにもエアコン必要だ」 となり、急遽 リビングにもエアコン配線しました。


引っ越し日が 8月30日に 決まりました。 いよいよ カウントダウンが始まりました。




8月14日

迷っていた床下点検口位置が 決まりました。

迷っていた原因は
点検口と言えば 450角や600角の正方形ばかりで
根太ピッチに合わせた400×600と言うのがないかな〜と
探していたからです。
根太は切りたくないですからね。

ありましたね、 404×554というのが。 高気密型床下点検口 です。



8月17日〜19日

流し台に 水切りが付きました。安物の流し台が 高級システムキッチンのようになりました。



吊り戸棚とガスコンロのフードも取り付けて、流し元灯を取り付けました。 LEDなので 薄型でオシャレです。





また、ガス工事も入って
道路の本管から メーター設置用の配管まで
つながりました。






8月20日〜21日、 ロフト床貼りです。



玄関は段差無しで 後で石を貼ります。
(無垢のフローリング(28ミリ厚)より 3〜5ミリ程下げた仕上がりにする予定)


1階の床貼りは終わったので、ロフト床板にかかります。

ロフトの床材は割と素直で(?) 吹き抜けにかかるところまで行きました。
この部分は 柱があったり 電気の配線もありで、 スピードダウンです。

相変わらず暑い日が続いていますが、 扇風機がロフトの暑さを 少し和らげてくれています。
また CDラジカセで FM nack5 を聞きながら 作業を頑張っています。





ロフト床貼りが 階段設置位置まで来たので、床貼りをストップして 階段設置をすることにしました。




8月21日〜24日、 階段の設置。


階段説明書は 外国語だったので
図を見ながら 手探り状態で 組み立て開始。

階段設置には 昔の山仲間が
「なかなか経験出来ないことだから」と言うことで
手伝いに来てくれました。
力仕事の時でありがたいことです。


安全に為に 棟木にスリングを掛けて チェーンブロックで吊り上げて設置です。

微調整が必要ですが、脚立を使わないで登り下りできると言うことは素晴らしい!!



手すりも図を見ながらなんとか納めました。

この階段は下部固定で 上部にセトリングの金物を付けて 固定しています。

蹴上げ 190ミリ、思っていたより登りやすくて 良かった。
でも 1段目と最終段の踏み板は もう少し広くなって欲しいので、1段目は直しましょう。
(最終段は難しそうです)




8月24日〜


キートスの仕様では
1階に天井板は 貼らないのですが、
個室には天井板を施工しました。

天井材は 杉の羽目板 B級訳あり品です。

LEDのシーリングライトも取り付けました。
天井が低いので、超薄型タイプ(厚さは56ミリ)です。







内装ではありませんが、ログハウスの外回りについても 引越し前に ある程度作業です。


雨樋は 軒受け金具、正面打ちの一寸出というのが
あるらしいのですが、
近くの大きなホームセンターでは5分出までしか
売ってなくて、
鼻隠し板に20ミリ厚の板を貼り 対応しました。

勾配を取り、 左右2ヶ所に 集水器を設けて、
エルボ〜直線〜エルボで 縦樋です。




業者依頼の外構工事も始まりました。 駐車場と侵入路のコンクリート打ちです。



仕上げは コテ。 昼休み抜きで 2時過ぎにはきれいに仕上がりました。
翌日には 静かになら 歩けるそうです。




引っ越しカウントダウン あと4日になった 8月25日、やっと 玄関ドアを設置。
後日、他の木製サッシと同じ 薄いグレーを塗ります。




8月27日、玄関前のデッキ施工。

デッキの根太受け材を固定するため、布基礎に 3分のアンカー 7本打ちました。
根太間に 防鼠を兼ねた水切り金具も 取り付けました。
なかなか細かい作業でしたが、 2日間でなんとか貼り終えました。

室内に保管してあった内装材を 貼ったばかりのデッキに移動。


明日は 室内の床に
クリヤーウレタン塗料を塗ります。


とても 引っ越し日に間に合ったと
いえる状態ではありませんが・・・
テントや山小屋のことを思えば
工事中なんて カワイイモン!!  

いや、天国です。



[ マシンカットも楽しいよ〜ん] のトップに戻る     [ 11. 完成に向けて引越し後の作業 ] に進む

キートス・ログハウス 〒950-2022 新潟市西区小針2-17-1 TEL 025-233-5005