北海道のサポートから戻ってきました。-ログハウスのセルフビルドならキートス



キートスは「お金はないけれどログハウスの夢を実現したい方」や「できるだけ安い価格でログハウスを建てたい方」を応援しています。

北海道のサポートから戻ってきました。

 

 

ログハウス事務所を建築するユーザーさんの依頼で セルフビルドサポートのために先週から北海道へ出かけ、

昨日新潟に戻ってきました。

 

キートスのスタッフからは 北海道への出発前に

「くれぐれも ユーザーさんを煽ったり、急がせたりして、こき使いすぎないように!」と言われていました。

どうも 私(キートスN) には、その傾向があるようです。

 

そんなつもりではなかったのですが、かなり無理をさせたようです・・・

 

 

 

当初は「仕事が忙しくなる前の4月中に

屋根まで完成させたい」

という ユーザーさんの希望でした。

 

春は世界的に物流量が多くなるため

通常より海上輸送に日数を要するのですが、

さらに今回は 最終積替港である韓国・釜山から

北海道・苫小牧への船に空きがなく

釜山港で 約一ヶ月も留め置かれたため

キット納品は 連休明けになってしまいました。

 

 

 

 そのためユーザーさんの忙しいスケジュールのなかで「早く屋根まで完成させること」が今回の命題でもありました。

 

「箸が持てなくなった」とか「体中が痛い」とか、スタッフさんたちからは 素朴な感想が聞えてきましたが、

数日でログ組みが終わり、棟上げ、垂木掛け&屋根下地と ハイスピードで作業が進み、

屋根屋さんに仕上げ作業を依頼できるまでになりました。

 

 

 

 

「うちのスタッフは業種が畑違いで(土木関係)、建築作業は 初心者です。」と説明を受けていましたが、

本来、体を使うことが仕事の人たちです。 みなさんログハウス建築をとても楽しんでくれて 軽快に作業が進みました。

 

 

 

最後の方には ボロボロになったものの

元気な「ユーザーさん&スタッフさんたち」です。

(写真以外にも 数人のスタッフがいます)

 

みなさん、大変お疲れさまでした。

そして ありがとうございました。

 

これからも まだまだ建築作業は続きますので、

今後もみなさんで 頑張ってください・・・

 

 

 


[ ログハウス徒然草 18.05.17]     Kiitos Log House


 <  前の記事 « ログハウスのデッキを再塗装 |  トップページ  |  次の記事 5年目にして薪ストーブに初火入れ! »  >