日曜日も納品サポートで埼玉県へ-ログハウスのセルフビルドならキートス



キートスは「お金はないけれどログハウスの夢を実現したい方」や「できるだけ安い価格でログハウスを建てたい方」を応援しています。

日曜日も納品サポートで埼玉県へ

 

 

またまた ログハウスキットの荷降ろしサポートに 出かけました。(4月8日)

 

今回は 埼玉県、そんなに遠い所ではありませんが、新潟県で建築中ログハウスの現場サポートや

先週 長野での荷降ろしサポートと いろいろ作業が重なって かなり疲労困憊状態です。

 

さて、当日は幸いにも晴天に恵まれ、作業は業者さんに依頼されていることや

荷降ろし場所は広い駐車場とのことで、安心して 早朝作業場に到着しました。

 

今回担当された業者さんは コンテナからの荷降ろし経験はないそうですが、

「昨日、YouTubeで いっぱい研究したよ」ということで、やる気満々で始まりました。

 

 

 

 

皆さんがやる気満々なために 船頭が多く(笑)、 多少困難な状況もあったりして

いつもより少し余計にかかりましたが 2時間半程で コンテナからの引き出し作業が完了し、

ユーザーさんも一安心の様子です。

 

この後 二次輸送での現地搬入になりますが、長くて大きい梱包をトラックに積めないということで

一部のログ梱包は開封し、ばらしてのログ材搬入になるようです。(二次輸送も業者さんが作業)

 

さて、ログ部材キットが到着して ユーザーさんの気合は充分ですが、

まだ基礎工事が完成していないので、セルフビルド開始は連休明けになりそうです。

 

 

 

積み上げたキット部材を見ると、

やはり他のユーザーさん同様  少し不安になるようです。

 

「一本、どのくらいの重さですか?」

「長い材は 持てるでしょうか?」

 

多くの方から受けてきたのと同じ質問がありましたが、

「大丈夫ですよ。キートスのセルフビルダーさんで

建てられなかった人は 今までいません。」(事実です)

 

 

 

かなり大きめの平屋のログハウス住宅ですが、「必ず完成できます!」と元気づけて お別れしました。

頑張ることは当然ですが、怪我だけは気をつけてください。

 

そして帰り道、新潟県境では 雪が降っていました。 本当に天候が不順で、何か変ですね。

天候にも左右されるログ積み作業なので、5月に入ったら 晴天が続くことを祈ってます。( by キートス N )

 

 


[ ログハウス徒然草 18.04.10]     Kiitos Log House


 <  前の記事 « 地鎮祭を行いました(秋田からの報告) |  トップページ  |  次の記事 ログハウスでの田舎暮らしってどんな感じ? »  >